内部SEO次第でコンバージョン率を向上させることができる

SEOは検索エンジンからのアクセスを増やすことが大きな目的です。サイトを最適化し、ユーザーの流入増加をさせるためには、様々な施策が必要になります。

多くの方は外部サイトからのリンクを貼るなど、外のSEOを重視する傾向があります。しかし、SEOとは外部施策のみを行うではなく、内部施策を実施することが重要なのです。

内部SEOはサイトを改良することを指す言葉

SEOとは、大まかに検索エンジン最適化を指す言葉ですが、大きく外部施策と内部施策の2つに分けられます。外部施策は被リンクの獲得やインデックスの登録など、様々な方法を指しています。一方、内部施策はサイトの構造やナビゲーション、ページのタイトルなど、サイトそのものの改良を行うことを指します。

例えばサイトを構築する際、ユーザーを他のページへ誘導するため、ナビゲーションは重要な役割を担います。この時、メニューなどリンクがなければ、せっかくアクセスがあってもすぐページから離脱してしまうのです。

このため、パンくずリストやサイドバーにメニューを設置すれば、他のページへの誘導も容易になります。また、ページに見合ったタイトルを付けておけば、興味を持ったユーザーのアクセスが増える場合もあります。このような積み重ねが内部SEOです。

なぜ内部SEOが重要と言われているのか

内部SEOは非常に重要で、検索エンジンからのアクセスに大きく関わります。現在の検索エンジンは非常に高機能で、高い精度でユーザーが求めている情報を検索結果に表示します。しかし、いくら優れたサイトであっても、サイト構造が不親切では、検索エンジンに評価されないのです。

検索エンジンはユーザー目線でサイトをインデックスしています。メニューの位置やページのタイトル・構造などを即座に把握し、ユーザーライクか否か判断しているためです。このような特徴を持つため、内部SEOが重要と言われています。

しかし、内部SEOも時代によって移り変わります。検索エンジンからの流入を増やすなら、常に最新のSEO情報に注意し、サイトの改良を続けていくと良いでしょう。ユーザーに優しいサイトづくりを心がけることが重要です。

Copyright(c) 2019 魅力あるSEOセオリー All Rights Reserved.