SEOスパムを理解し今後のサイトづくりや検索エンジンに役立てる

SEOを実施すれば、検索エンジンでの上位表示も不可能ではありません。良いコンテンツを制作し、適正な手法でサイトを作り替えることで、徐々に検索エンジンに評価されます。

しかし、SEOとは必ずしも成果が実を結ぶわけではありません。逆に検索エンジンから大きなペナルティを受け、最悪サイトが検索結果から消去されるリスクも潜んでいるのです。

SEOスパムとはどのような方法を言うのか

サイトが検索エンジンからペナルティを受けるSEOの手法は、主にSEOスパムと呼ばれています。SEOスパムは、SEOとは全く逆の効果をもたらす方法で、意図的に検索エンジンを騙し、サイトの上位表示をする手法全般を指します。

SEOスパムと言っても方法は様々です。例えばページの背景色と文字色を同じにし、キーワードを埋め込む「隠しテキスト」や、リンクを張り合う「リンクファーム」、利ダイレクトの悪用など、多数の方法があります。

どのような方法がSEOスパムに当たるのかは、その時期の検索エンジンの仕様によって変わります。検索エンジンは常に改良され進化しており、過去に使われていた手法がスパムと見なされるケースもあります。突如検索エンジンからペナルティを受けるリスクもありますので、仕様変更などの情報には注意しておきましょう。

SEOスパムには絶対手を出すべきではない

SEOスパムは古くから行われてきていますが、現在も通用する可能性が捨て切れません。しかし、検索エンジンからのペナルティを受けるリスクが高く、絶対手を出すべきではないのです。

SEOスパムによって、一時的にサイトの表示順位が上がる可能性はあります。一方で、もしそれが検索エンジンにばれてしまうと、サイトがインデックスから消去され、最悪の場合は永久に検索結果へ表示されなくなる可能性があるのです。

仮にそうなった場合、再び別ドメインで一からサイトを作ることになるでしょう。

隠しテキストのように、簡単に実施できる方法や、意図せずスパムになってしまいそうな手法も存在します。気づかない内に検索エンジンからペナルティを受けている場合もありますので、自分のサイトの状況をチェックすることも忘れないようにしましょう。

Copyright(c) 2019 魅力あるSEOセオリー All Rights Reserved.