SEOの外部施策を重点においた対策を練るには

せっかくサイトを制作しても、検索エンジンからの流入が無ければアクセス増加は見込めません。たとえ良いコンテンツでも同様で、検索エンジンの重要性は非常に高いのです。

SEOとは検索エンジンへサイトを最適化し、アクセス数を増やすための施策ですが、内部SEO・外部SEO(外部施策)の2種類があります。このうち内部施策は、サイトの改善が主な手法ですが、外部施策のSEOとは、どういった方法なのでしょうか。

外部施策とはどのような方法があるのか

SEOの外部施策は、自分のサイトではなく、他のサイトに対して施策を行い、検索エンジンでの表示順位を上げる手法を指します。主な方法は被リンクの獲得で、これが外部施策でもっとも重要な役割を担っています。外部SEO=被リンクの獲得、と言い換えても良いでしょう。

外部施策は被リンクの獲得が第一ですが、リンクを獲得する方法は様々あります。例えば自身で管理している別のサイトからリンクを張ったり、他のサイト・ブログに依頼して記事やページ内からリンクしてもらう方法などです。

これらは無料の方法ですが、SEO業者に料金を支払い、リンクを張ってもらう方法もあります。いずれにせよ、他サイトからのリンクを増やし、検索エンジンにサイトやコンテンツが評価してもらい、上位表示を目指すことが目的です。

内部施策SEOほど重要性が高くない理由

しかし、外部SEOに関してはさほど重要度が高くありません。単にSEOと言った場合、現在は内部施策を指すことが多いのです。なぜ外部SEOの重要性が低いのかは、時代とともに検索エンジンの仕様が変更されてきた歴史があるためです。

古くは被リンクがもっとも重要と言われていましたが、それがコンテンツの質・ユーザーの求める情報につながるとは限りません。自分でいくつでもリンクを張ってしまえば良いためです。そして検索結果の質が下がるような事態が起こり、現在は重要性が低くなっています。

外部施策に力を入れるのも悪いことではありません。ただし、現在は内部施策をじっくり行い、良いコンテンツを提供すれば、自然と上位表示されるようになっています。そのため、内部施策に力を入れるのが良いでしょう。

Copyright(c) 2020 魅力あるSEOセオリー All Rights Reserved.